基金の状況

協会が債務保証を行っていくためには、その信用を裏付けるための基本となる財源が必要となります。

この財源は、会員からの「出資金」(1口の金額は1万円)、国等からの「交付金」及び剰余金からの「繰入金」によって構成され、『基金』と呼んでおり、支払い準備としての最終担保で、保証能力のバロメータになります。

(金額単位:百万円)

平成27年度 平成28年度 平成29年度
出資金 4,091 4,091 4,097
交付金 672 676 595
繰入金 737 737 737
5,501 5,505 5,429